読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

執事ならこう書くね(ホラー)

 石が好きだと言うと、たいていは、美しい石が好きなのだと思われる。美しい石が嫌いなわけではない。石となればガラスから砂まで好きなのだから、美しい石が嫌いなはずがない。

 しかし、宝石を観に出かけるということは、まずない。たまに、化石を観に行くことはあるが、そう多くない。わざわざ観に行くのは、たいてい、わざわざ観に行くのに値しないような石だ。その中でも巨石や奇岩の類は、まだ、いい。まだ、観に行く価値が少しはある。

 ところが、筆者の場合、もっとも好きな石は道祖神なのだ。中でも文字だけの道祖神には特別な思い入れがある。

 ホラー雑誌をやっていた頃には、この道祖神のコーナーを作って読者から、その情報を求めていたぐらいなのだ。

 栃木には馬頭観音という文字の掘られた道祖神がある。あの九尾のキツネの石のあるところなのだから、あのあたりには、いい石がゴロゴロしていて当たり前のようにも思う。晴明石があるのも栃木だ。

 思い立ったら行かずにはいられなくなる。

 今回、観たくなったのは、蛇石と言われるものだ。

 さっそく向かう。この場所は間違いようのない場所。県道を鹿沼市目指して走る。このあたりにはファミレスもない。深夜となれば光さえ乏しいのは相変わらずだった。蛇石に出会う前に蛇に出会いそうで怖いが、相手はホラースポットのようなもの、危険は覚悟の上なのだ。

 さて、どこに車を停めるべきか。確か、近くに大きな駐車場があったと記憶していたが、それが私営か公営かの記憶がない。

 そのあたりにはファミレスのようなものがないので、今回ばかりは、目的地を前に目的を見失うようなこともない。

 そう思っていると、カーナビが目的地周辺を指示している。幸いなことに駐車場もある。

 到着したのは深夜二時を回っている。ところが、そんな場所の駐車場に車が数台停まっているのだ。犯罪の匂いがする。そうした匂いに敏感でないとホラー取材は出来なかった。ホラー取材でもっとも怖いの霊ではなく野犬と事件なのだ。

 車を駐車場に入れ、すぐに向きを変える。出口に前向きで出られるようにしておくのだ。バックで逃げるのは難しいからだ。エンジンを切らずにライトを切る。そのまま暗闇に目を慣らす。停まっている車の中や周辺に人のいないことを確認するのだ。人がいないと安心する。事件に巻き込まれるぐらいなら幽霊に出くわすほうがよほどいいからだ。

 人のいないのを確認したらエンジンを切る。まだ、外に出てはいけない。こちらがエンジンを切るのを待っているかもしれないからだ。

 筆者の長いホラー取材経験の勘が見事に的中した。こちらがエンジンを切ると、停まっていた数台の車のライトが付き、エンジンがかけられたのだ。一台、二台と、車が駐車場から出て行く。見た目は普通の乗用車のように見える。出て行くなら危険はないはずだ。じっと、その様子を見守る。なんと、深夜に車は六台もいた。それがいっせいに出て行ったのだ。六台目が出て行くと同時に、リアウインドウに水滴があたる。雨だ。水滴はすぐに増え、最初は聞こえなかった水滴のあたる音も聞こえて来る。驚くほどの雨になったのだ。車には傘も用意してある。しかし、降りていいような雨ではない。何もずぶ濡れになってまで観に行くものではない。諦めて筆者も駐車場を出た。

 駐車場を出ると雨が止んだ。まだ、いくらも走っていない。引き返すのは容易い。しかし、引き返す勇気はなかった。

keeping.

とことん内側に過ごす。こなしたいこと半分くらい出来たかな。夕方1h程近場を歩いた程度。

朝髪を洗ってついでにまたあれこれ。自由に組み立てられる時間がほっとしたり。

明日aro.行こうとしたけど前回のこともあるので動けなかった。開き直りでもなく、ただそのまま過ごすのみ。

意外に、、

どうもどうも

こんばんわー

最近BTSにハマっているkeiです♪

タイトルの通り意外とkpopって良いですね

だいぶ前の自分ならkpopは聴くことないかなー

なんて思ってたのですが、、

聴いてみるとかっこいいじゃあないですかい

普通にPVのダンスとかすごいですし、、

何よりジャニーズとは違ったかっこよさがあるので

これはなかなかどうしてビックリです

てな感じで誰かいいグループいたら教えてください笑

眉カット行ったときの話

自分の行きつけで眉カットできなかったので眉カットのみも出来るらしい和義の行きつけに行ってきた

毎週のように前の道通ってるとこだよここ

昔は真ん中じゃなくて今整骨院とかある角にあったんだぜ?

入ってカルテ

紹介欄に和議の名前書いたが名字は分かっても名前和義が定着しすぎて微妙だったので名字だけにした

章平だったっけ?

店側で特定していざ席に通されたのだがおばちゃん………(´・ω・`)

眉カットは男の方がうまいというか女は大抵話にならん

初めて俺に眉カットの力を教えてくれたのはデビューもまだの若い女だったがそれ以降女でろくなのいなかったからな

だからなるべく男、出来れば店長がいいと頼んでみた

おばちゃん戻ってきたら誰も手が空いてない言われて仕方なくおばちゃんに(´・ω・`)

席倒して少ししたら電話が鳴ってた

少し通話して終わり

カットの合間にそっち見てたら………………

ぬおおおおおおおおおおおおおおおい!!(゜д゜ )

客ついてない男おるやないか!

電話番兼床掃除しとるやないか!

なに、美容師じゃないの?

美容院って美容師以外の店員いるもんなの?

それともまだ客取らせられない新人なの?

そうは見えんが………

そんなこと考えてると一段落したようで鏡見せられる

……………細くって言ってんのにめっさ太いやん(・ω・`)

キリッとって言ってるのにもっさりやん(・ω・`)

あれこれ話して手直ししたけど改善されないまま限界が来た

だめだおばちゃん頭固いわ

眉根が一番太くて眉尻に向かって細くなってくの思い込みに縛られてて対応できなかった

これ以上細くするとおかしくなるとか

別に絶対眉根が一番太い必要はないんだよなあ

俺の行きつけは眉根も細くしてつり上がって眉尻に向かって下がってく角ができる辺りまで太くなってってそこからまた細くなる形で凛々しく整えてくれる

中 大小 って感じだ

おばちゃんだとカットしてもなおもっさいまま(´・ω・`)

仕方ないから帰ってから自分で調整

うん、左ちょっとしくじったけど良くなった

やっぱ眉根も少し削ったほうが凛々しい印象になるわ

会計の時子供の頃移転前に来たことある気がするなあって話したらやたら詳しく聞かれて客データ漁り出してなかなか支払いできなかった

なんだ?

何かあるのか?

何か得があるならもうちょっとだけ付き合ってやろうかな?

と思ったが全然データ出てこないまま時間だけが過ぎていったので待てなくなって近所の別の店だったんだろうとまとめた

やっと会計に進む

そこで明かされる衝撃の新事実

紹介で来てると安くなるけど初回じゃなかったらならないらしい

だから無駄に必死に顧客データ漁ってたと

あっぶね!

逆じゃねえかw

危うく値引きを回避してしまうところだったwww

てかそんなのであんな必死にデータ探してたのかよ(´・Д・)

来てたとして十何年も前の話だぞ

いいだろ初回扱いで

やっぱおばちゃん頭固いわ

無事紹介割引で2割安くなって支払い

これで和義も次2割引きになるらしい

俺が日記書きそびれてる間に行ってて和義当日に知ったらしいw

わかってればこの機にいつもより金かかる事に手出す手もあったろうにすれ違ったなw

という訳でまだ和義信頼の店長は未知数のままだが多分もう行かない

やっぱ最初って大事だわ

美容院は店単位のレベルづけなんかできなくて個々の美容師一人ずつ見るしかないが最初に下手なの当たるとその店行きたくなくなる

俺の今の行きつけも最初大当たりだったけど他に当たったことある二人はカスとヘボだったし

それでもあの店好印象なのは最初がよかったからだろう

まだ他にもレベル高い美容師はいるんじゃないかと期待が残ってる

逆に最初が悪かったら同じ店の別の美容師試そうと思わん

美容院じゃ初回の客はビジターと呼ばれ新人や下手くその練習に当てられやすいらしいが商売するなら逆だろ

第一印象悪くしてどうすんだよ

信号待ちで ぼ〜としていて

後ろの車の運転手が・・・・・

 いきなり私の車のドアを叩いて怒られた唇を読むと(なにしてる)

 信号かわってる早く行け・・・・・昨日の事ですが ごめんなさい

従妹夫婦の悲劇

夫婦円満のために夫が頑張っていること―「飲みたくなくても毎日晩酌」「東京〜札幌間の送迎」

(キャリコネ - 05月23日 16:22)

砂漠の国境で繰り広げられる極限の逃走劇

昨夜はシネマート新宿で「ノー・エスケープ 自由への国境」を観てきました。

監督:ホナス・キュアロン

主な出演者:ガエル・ガルシア・ベルナルジェフリー・ディーン・モーガン、アロンドラ・イダルゴ他。

舞台はメキシコとアメリカの国境にある砂漠。

主人公モイセスを始めとする15人の不法移民がトラックに揺られて、国境付近まで辿り着きますが、トラックが故障し、そこからは案内人に導かれて徒歩で国境を越えます。

しかし、彼らを待ち受けていたのは正体不明の不法移民狩りをしている狙撃手。

遠距離から不法移民たちを次々に狙撃し、僅かに残った4人が砂漠の中を逃走し、狙撃手は相棒のシェパードと共に不法移民を追い、2人を殺し、残ったのはモイセスと若い女の2人。

モイセスは息子が米国で生活していて、女は両親から、より安全な米国へ逃がされてきたという身の上で、ボディーガード役の男をつけられていたものの、その男は殺されてしまい、モイセスと砂漠を逃げまどうことになります。

執拗に追ってくる狙撃手のトラックを奪い、逃走に成功したかに思えたのも束の間、狙撃手の銃撃でトラックは横転大破し、2人は窮地に立たされます。

結局、狙撃手が何者なのかは分からずじまいでしたが、メキシコ国境に壁を作ると息巻いているトランプ大統領を抽象的に表現したかのような存在で、その後の狙撃手の顛末から想像すると、トランプ大統領や米国世論に対し、思うところをぶつけているかのように感じました。

執拗に追ってくる狙撃手から主人公が逃れようとする様子は鬼気迫るものがありました。

公式サイトURL

http://desierto.asmik-ace.co.jp