Walk down a Bridge

信州上田の山間部、鹿教湯温泉には文殊堂という観光地があります。小さな川に屋根付きの木橋が架かり、石段を上れば古くこじんまりしたお堂があってなかなかの風情。夏は色濃く緑に覆われ、冬は氷灯籠でライトアップされるのです。その橋の手前にある「文殊の湯」に浸かってきました。

川べりの細長い敷地に建てられた白い湯屋です。比較的新しく「鹿教湯健康センター」とも書いてあるので多目的な行政施設なのかな・・・それにしては狭すぎると思うけど(苦笑)細長いホールを抜けると脱衣場、細長い内湯には鰻の寝床のような細長い浴槽が2つ連結されています。細長いばっかしですが(笑)さらにコンパクトな露天まで設えるというサービスぶり・・・盛りだくさんですね。温泉もサラリとしてじんわり温まる鹿教湯らしいもの・・・ただ文殊を名乗るには風情が乏しいかな。旧源泉地に建てられたらしいのですが、もし共同浴場の建て替えならば昔の方がよかったと思われますね。

広告を非表示にする