青い空が輝く 太陽と海のあいだ

“ オッケーよ なんて

強がりばかりの君を見ているよ

サクソフォーンの

響く教会通りの坂降りながら

美しさ oh baby

ポケットの中で魔法をかけて

心から oh baby

優しさだけが溢れてくるね

くだらないことばっかみんな喋りあい

嫌になるほど続く教会通りの坂降りて行く

日なたで眠る猫が

背中丸めて並ぶよ

“ オッケーよ なんて

強がりばかりを僕も言いながら

本当は思ってる

心にいつか安らぐ時は来るか ?と

美しさ oh baby

ポケットの中で魔法をかけて

心から oh baby

優しさだけが溢れてくるね

くだらないことばっかみんな喋りあい

嫌になるほど誰かを知ることは

もう2度と無い気がしてる

左へカーブを曲がると

光る海が見えてくる

僕は思う !

この瞬間は続くと ! いつまでも

南風を待ってる

旅立つ日をずっと待ってる

“ オッケーよ なんて

強がりばかりをみんな言いながら

本当は分かってる

2度と戻らない美しい日にいると

そして静かに心は離れてゆくと

美しさ oh baby

ポケットの中で魔法をかけて

心から oh baby

優しさだけが溢れてくるね

くだらないことばっかみんな喋りあい

町を出て行く君に追いつくようにと強く手を振りながら

いつの日か oh baby

長い時間の記憶は消えて

優しさを oh baby

僕らはただ抱きしめるのか ?と

高い山まであっというま吹き上がる

北風の中 僕は何度も何度も考えてみる

広告を非表示にする