プロレス総選挙

いやぁ、最後まで結局見ちまった

やはりプロレスはいいね、感慨深いよ完全に沈下したままもう世間には日の目を見ないと思っていたもの

まだ2003年とかまではお正月の1.4にはゴールデンで放送したりもしたもんだけどね、まさかまたゴールデンの時間帯(の筈で延長したけど)でプロレスが見られる日が来るとはね・・・

プ女子とかいうミーハーどもは呆れた嫌悪感しかないけれど

何だかなぁといった気持ちも残りながらも全部見た

20位 “人間山脈”アンドレ・ザ・ジャイアント 

19位 “暴走キングコング真壁刀義 

18位 “超人”ハルク・ホーガン 

17位 “黒のカリスマ蝶野正洋 

16位 “破壊王橋本真也 

15位 “カナダの路上王”ケニー・オメガ 

14位 “ミスタープロレス天龍源一郎

13位 “鉄人”小橋建太 

12位 “天才”武藤敬司 

11位 “革命戦士”長州力 

10位 “不沈艦”スタン・ハンセン 

9位 “方舟の盟主”三沢光晴 

8位 “世界の獣神”獣神サンダー・ライガー 

7位 “怪物”ジャンボ鶴田 

6位 “100年に1人の逸材”棚橋弘至 

5位 “日本プロレス界の父”力道山 

4位 “レインメーカーオカダ・カズチカ 

3位 “四次元殺法”初代タイガーマスク 

2位 “世界の巨人ジャイアント馬場 

1位 “燃える闘魂アントニオ猪木 

なるほどぉ…。蝶野は最初は健介みたいな体格で、ガムシャラ系のファイトスタイルだったのが、今のスリムな足からは想像が付かないね

黒のカリスマとしてスタイリッシュになって三銃士の中でも独自の方向を見出だして成功した

三銃士は全員やはり入ったね、武藤も橋本も

橋本のあのチョップにしろ蹴りにしろ、ただぶって叩いてじゃなくてほんとにダメージ与えてるような、本当に痛そうな「攻撃」って感じの打撃がスリルな見応えがあってとても本格な物を見ている気分になった

武藤もあれだね、グレートムタまでファンは語ってくれてて、最高だった、やはりムタでしょう、武藤は

髪の毛があった頃はペインティングムタ、頭がスキンヘッド以降はマスクのムタ、どちらも格好いい

ペインティングのはとにかく狂気、マスクの頃はダークヒーローてな感じ?

健介 対 小橋のチョップ対決はそう言えば当時見てた見てたー!と思って(笑)

胸板の防御力は健介、水平チョップの攻撃力は本家小橋、って感じが昨日見ていて改めて思ったな

三沢が親日のリングにお邪魔して何時だか蝶野 対 三沢の60分1本勝負なんてのもあったっけ…

度々コメントではノア齋藤彰俊の姿も見られた

今あんなシンプルな髪型でいらっしゃるのだね

そう、蹴りといえばこの齋藤の蹴りも凄くカッコが良かった、橋本の蹴りぐらい凄いんじゃないかってキック

齋藤の戦い方も独特で凄く見応えがあった

今回不満点なのはスタジオに高山来てたのに全然喋ってへんやんけ・・・喋ってもカットされたんだろうな、呼んどいて喋らせないってナメとんのか

変な若いやつが喋ろうとする時だけやたらと映してそのたんびにそのミーハーなエセにわかプロレス女どもが「おぉ〜」とかザワ付くし、真面目にプロレス見る気ないだろあいつら

ふざけてる

初代タイガーのはマスクが剥がされそうになる場面は映ってたけど、本当に剥がれてそこから堰が切れたように暴れだす場面も見たかった

ジャンボ鶴田の試合は見た事がまともに無いから見てみたいな

あと薄々知ってはいたのだけれど、昨日やってて猪木とマサ斎藤の島での一番勝負、あれ凄過ぎるな・・・

誰も居ないレフリーも客も実況すら居ない、ただ無音で無人の真っ昼間の島に置かれたリングに男が二人、声も上げずに死闘をする

その試合時間なんと二時間!!考えられない・・・

二時間ぶっ続けで戦っていたとか…。

最後は勝った猪木がフラフラになりながらその場を後にする姿が描かれていた・・・

絶対にこれはいつか見てみるぜ

少し気になってた存在の安生洋二の姿もあった、あの人の試合も掘り下げて見ていきたい

新闘魂では棚橋はランクインしたけど流石に柴田は入らなかったか・・・

中邑も海外いっちゃったしな。

オカダは素直に凄いと思う

丸藤も出てたな、未だに日の目が・・・そうだよ丸藤こそ何か今に人気が出そうな感じの選手じゃん、オカダと何が違うの

ずっと応援してる丸藤がそろそろ売れて欲しいわ、馬場さんの最後の弟子。

丸藤にしか出来ないプロレスが沢山あるし、貴重な存在だと思ってる、これまで丸藤にどれだけワクワクさせられたか、どれだけアドレナリン出さされた事か・・・!

ソバット、不知火、四次元殺法こそ彼!

最後にひとつだけ・・・・・・

高山がランクインしてない………………………高山が…………

広告を非表示にする