奥羽本線(鷹ノ巣−新青森)ダイヤ乱れ

平成29年2月12日(日)、秋田県青森県の旅、

小摩当の本城谷さんに送っていただき、

JR鷹ノ巣駅に到着したのは午前9時30分頃。

曇りながらも雪は降っておらず、寒くはない穏やかな日和だ。

計画では鷹ノ巣9時49分発の特急「つがる」で青森駅に出て、

アウガで昼食をとって、新青森に戻り、

下北半島の玄関口 七戸十和田駅に12時53分に到着するはずだった。

鷹ノ巣駅では、何か様子がおかしい。

駅員に尋ねたところ、秋田市あたりの沿岸部と、

秋田と青森の県境で大雪が降って、ダイヤが大幅に乱れているという。

そのうちに「つがる」の運休と

8時56分発弘前普通列車が、90分遅れで到着するという知らせがあった。

これは困ったことになった。

秋田新幹線も運休になっているという。

困っているのは、駅にいる鉄道の利用者 皆同じで、

60代後半ぐらいのご夫婦(Tさん夫婦)が、若い男性と一緒に

「大宮まで行くにはどうすればよいか」と

駅員にきっぷの買い方を訪ねている。

新青森まで行けば、新幹線は動いていますよ」

「ただ、何時に新青森まで行けるかは、わかりません」

このやり取りから、鷹ノ巣新青森−大宮 の乗車券は購入できたが、

新青森−大宮 の特急券は、新青森で購入することになった。

若い男性は鷹巣在住なのか、駅で見送るらしく、

Tさん夫婦が新青森特急券を買えるのか、心配していることがわかった。

「私、同じ方向に行くので、ご一緒しましょうか」

と、声をかけると、若い男性から

「ありがとうございます! ぜひお願いします」とのお返事がきた。

青森駅アウガの昼食は無理になったが、

「90分遅れのままだったら、新青森発12時39分の「はやぶさ」に乗れますよ」

と、Tさん夫婦に話をしながら、10時26分、鷹ノ巣駅を出発した。

2両編成の列車は、皆が座れるぐらいの込み方だった。

 画像 鷹ノ巣駅・ダイヤ乱れを示す掲示板

   この時点では「つがる」は「大幅な遅れ」となっている。

  (2017年2月12日(日)午前9時40分頃)