防衛相を防衛するのは?

国会のやり取りを見ていると、本当に疲れる。

参議院予算委員会で、稲田防衛相は、森友学園との関わりを指摘され、

「弁護も法律相談を受けたことはない」と完全否定していた。

ところが、なんてことない裁判所に弁護した記録が残っていた。

一転して「関わったことないと記憶していたが、弁護活動をしていたことが

確認できたので訂正して謝罪する」とあっさりと認めた。

しかし、虚偽答弁であるとの、野党からの辞任要求は拒否。

安倍首相、菅官房長官、竹下国会対策委員長

私的なことであり大臣の資質に関わることではないから

辞任の必要はないとしている。

だが、これってどうなのだろう。

何度も何度も同じ質問を受けて、同じ質問をしないで欲しいと

声を荒げていたのは、稲田防衛相自身であり、その間に過去がどうであったか

調べる機会はあったのに、それすらきちんと精査していなかったわけだ。

国の防衛を任せるには、あまりにも大臣の資質として疑問符がつく。

防衛相を防衛すればするほど、首相もみんな泥沼に沈み込みそうだ。