【霊能力者のおくさまブログ】 憑依体質

ま〜、それこそ普通はあまりないことですが、

憑依現象、起こる人には起こります。

逆にいえば、普通の人では起こりにくいことですので、ご安心。

下手に、霊とかなんとか、興味を持つと、そんなことも起こらないとも限りませんから。

やはり人には「体質」というのがあって、

憑依されやすい人というのはあります。

なんというか、自分と他人の間の壁が薄いというか。

ですから、自分の中に入ってくるものが、自分にとってプラスの場合も、

そうでない場合もあるわけですが、単なる入口にしか過ぎないので、

ちゃんと訓練しないと、自分以外のものが無意識にも入ってくることがあるのです。

はからずしも今日、憑依していた霊は、だんな様が

無事に先祖のところに送りだしましたから、もはや大丈夫でしょう。

けれども、そんな風に簡単に行かない場合も少なくありません。

昨日、ブログに書いたように、「霊」は、

いくら相手が助けを求めていようとも、

いくら相手が自分と似た波動をもっていようとも、

いくら相手が自分の先祖であろうとも、

自分の中に入れて、解決しようとすると、かなりの危険が伴います。

体力は奪われ、したがって体調も気分のいらいらも。

そして、その「霊」がこの世で思い残したことに、

自分も「執着」してしまいます。

とはいえ、もともと違う人間なのですから、

一つの体を巡って、闘いが起こるのは必至。

日頃から、気を付けることは、

むやみに近づかないということですが、

それでも日常生活の中では場所を選べない時もあります。

ちゃんと自分にガードを貼って、いつも輝くオーラを身に付けておく。

その訓練、(修行ですね)、痛い目に遭って学ぶことではありますが、

学びは忘れずに!

お彼岸の時期。

そういうことに遭遇するのは少なくないはずです。

いつも、自分の中を光で満たすことを忘れずに。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/adeptmentor/

Adept・Mentor 島津相談室