小説「そして誰もいなくなった」アガサ・クリスティ

あらすじ

様々な職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。

しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告白してゆく声が響いてきた。

そして童謡の通りに、一人また一人と・・・・。

ドラマでこの作品を扱うと言うことで、再読。

本当完成度が高い作品だよなぁ。

孤島と言う限定的な空間で起こる連続殺人。

疑心暗鬼のまま、一人また一人と屠られる・・・・。

犯人の狙いは・・・・?

ミズテリの醍醐味がすべて詰まっている、と言っても過言ではない。

矢張り、ミステリの金字塔と言われるだけある。