読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後ろ手の幸福 アームバインダー♪

 前回のプレイから2ヶ月も開いてしまいましたですので、たっぷりとSMプレイを堪能して来ましたー

 今回は新兵器(?)、アームバインダーなるものを取り入れてみました。…めっちゃ良かったです

 これがそのアームバインダーです。名前だけ聞いても何のことかイメージつかない人が多いと思いますが、写真を見るとSMの嗜みがある方なら一度は目にされたことがあるはずです私もこれがそういう名称だというのは初めて知りましたし、購入したアダルトショップの方も発注するまでご存知なかったそうですよ

 私たちは普段は拘束系のプレイを取り入れてないのです。縄とかの痕がついてしまうこと、縛りのテクニックが必要で失敗すると麻痺などの事故が起きること、私が身動きできないと女王様のお手伝い(道具を取ったり体勢を変えたり)ができなくなってプレイが散漫になるなど、デメリットしかなかったので…

 でも、この腕全体を後ろ手に拘束されて胸を突き出す姿勢って、完全に無防備感が出てて良くなくないですか?まな板の上の鯉って感じがそそるのと、友達さんの中でこれをご利用になっているということを聞きつけて妄想が膨らみ、遂に買ってしまったんです

 いつもアダルトグッズを購入しているなじみの店に連絡し取り寄せてもらい、その場で試しに装着させてもらったんですが…体が固いって損ですね、私的には精一杯のけぞってるのに固定ベルトが届かない…更にのけぞって辛うじて届くくらいの大きさでした女性でも使えるサイズなので元々小さいし、私ももっと痩せないといけないなぁってこんなところで思い知らされるとはっ

 ほんの2〜3分の試着なのに腕が痺れてるのには驚きました!これは縄で後ろ手に縛られるよりキツイ拘束ですね。予想以上でした

 そんな訳で、今回は実践前に女王様と綿密な打合せをさせてもらいました。こんなミーティングみたいなことをしたのは初めてだったんじゃないかな…プレイのレベルが上がってきたのかなって、ちょっと嬉しかったです

 服の上からでしたが女王様にも一度装着していただき、拘束のきついのを体感してもらいました。いや〜ん、普段と違った女王様のシルエットが素敵だったので思わず後ろから抱き着いてしまったんですが、その時に私のいきり勃ったペ○スがアームバインダー越しに女王様の手に当たり、「何でそんなに勃ってんの?」って言われて我にかえりましたこれは、エエで!想像が膨らんでしまったではありませんかっ

 急いでいつもの準備をしてシャワーを浴びて、プレイ開始です首輪を着けてご挨拶の後、まずは身動きができる間に怪我の心配がある踏みつけプレイで女王様の靴の裏よりも低位にあるM奴隷の身分を認識させられてなおペニ○を勃起させてる恥ずかしい状態から、いよいよアームバインダーの装着の時がやって来ました

 後で責めを楽しめるよう乳首に吸引器を取り付けてから、腕を後ろに伸ばして体を反らせて女王様に装着していただきます。腕を中まで入れるだけでも大変で、手首・腕のベルトを締め上げてもらうと、全く腕が動かせない…そこで女王様が首輪をくいっと引っ張り、「鏡で見てみ」と移動を命じられ、抵抗できず完全にコントロール下に置かれたことを絶妙なタイミングで思い知らされたのでした。

 もうその後はまるで縄酔いの状態でしたあまりの拘束感に目がトロンとしているのをご覧になり女王様も一気にスイッチが入られたのがわかりました。期待と不安が入り混じった、何とも言えない興奮…でも今回は初めて使用するので、怪我しないよう冷静に乳首の吸引器を外してもらってからの鞭打ちと、全体重をかけないよう確認をお願いしてからプレイ再開です

 まずは立たされた状態での鞭打ちを。バラ鞭とは言え100発くらいは連続で頂戴したでしょうか、さすがに身をよじりたくなるのに腕を極められてるので、体ごと振り返るしかなく…でもその度に女王様からほらこっち向いての指示が入り、あれいつの間に向きが変わったのかと考える暇もなくクイっと首輪を引っ張られて向きを修正され…鞭打ちのラッシュに晒されてまた身をよじりを繰り返し、恍惚な状態になってました鏡に映る自分の姿に明らかに不自然な出っ張り、私の体以上に反り返っている○ニスを見た時、こんなにも痛めつけられてるのに何でこんなにビンビンになってるんだろって考えてたところは覚えてるんですが、鞭打ちプレイで理性が飛んだのはほんと久しぶりなので嬉しかったです

 そのまま吸引器で敏感になってる乳首をつねられ…最近は集中的に開発されてるので、痛気持ち良いとホントに声が出ちゃうんですよねーいやお恥ずかしい洗濯バサミを付けられて鞭で打ち飛ばされましたが、実はその方が痛みの少ない人道的な取り外し方なんですよねそのあたりはまた別の日記で書くことにしましょう。

 ひとしきり興奮してギンギンにいきり勃った状態でしたが、あまり長時間の装着はその後のプレイに支障を来たすのでもう次のベッドプレイに移行することになったのですが、女王様も興奮されていたようで装着状態のままベッドに上がるように命じられ、枕に顔をつける形で膝を立ててお尻を突き出すようにされてからまた鞭打ちをいただいたのですが、今度はベッドを押し付けてた勃起状態のペ○スに電マを当てられてスイッチオン!自分でも制御できないくらい、ペニ○を押し当てて快楽にふけってしまいまして、その様子をご覧になった女王様からまた鞭打ちをされ…気持ち良いのと痛いのとがごちゃまぜになって、もう頭が大混乱でしたよ

 ああ〜もっと欲しいです〜ってところで最後は女王様がゴム手袋を装着され、私のア○ルを後ろから指で犯されてしまいました…これまた気持ちイイーーーって叫んでたんですが、うっかり15分以上アームバインダーを装着したまんまだったことに気付いて、取り外していただくことになりました

 いやぁ色んな意味でヤバかったですねこんなに興奮するとは思いませんでした。破壊力抜群の道具です誰ですかこんなの考え出したのはっ。めちゃくちゃええやないですかノーベル賞に推薦したいくらいです

 でも取り外してもらった後はしばらく腕が痺れて使い物になりませんでしたから、ギリギリの道具であることに間違いありません。調子に乗って、先端にあるリングから吊り上げてもらっていたら事故ってたかもしれませんお互いの信頼関係がない状態ではお勧めできませんね。

 その後のプレイもノリにノって、○ナルフィストの時のドライイきも凄まじくっていつもより大量のトコロテン漏れ漏れ状態となり、最終的には2発も絞り出していただいたのですが1度目の発射から2発目の発射まで5分も開いてなかったくらいなので、いかに興奮状態だったかがお分かりいただけるのではないでしょうか?

 あ、残念ながら装着中の写真はありません。だって、腕が動かないんですもんそれに興奮状態ですから頭からすっかり抜けてましたし。せめて、プレイ後に女王様がシャワーを浴びていらっしゃる間に撮ったハイヒールの写真でも掲載しますM男さんだったら、垂涎の的のはずなんですけどね…