読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落語の徒然(花)

そろそろ水芭蕉、片栗の花と花の盛りは続いていくが

 超えても超えても山ばかり

 静寂を求めるのは、山に限る

 海は、人里が近いせいか、波のざわめきのせいか、忙しい気がする

 山の夜空の満天の星と、山陰の中の漆黒の闇、気が満ちている

 温泉に浸かりながら、酒を嗜むのも、気を養うのには良いかもしれない

 魚も良いが、山菜と、獣肉も酒の肴には良いものだ。

 旬の山菜も魅力的だが、野生の熊には御用心