読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーラー:交響曲第9番

持っているCDでマーラー交響曲第9番を聴き直した。

これはオーストリアナチスによって占領される少し前、1938年1月16日にウィーンで開催されたコンサートのライブ録音。

指揮はワルター、演奏はウィーン・フィル

ユダヤ人であるマーラーの曲を演奏するなんて当時とても勇気がいったんじゃなかなあ。

そんなことを念頭に置きながら聴くからかもしれないが、とても張りつめた空気が感じられる演奏だ。

録音時期を考えると音は良いと思う。

歴史的名演奏とも言われているそうだが、記録としての価値も十分備えた作品であることも間違いない事実でしょう。