亀田興毅に勝ったら1000万円について

色々言われてると思うが、YouTubeで見れたのは第一試合と第二試合の始めの2つだけだった。

だいたい、ああいうのは素人さんが適当〜に遊ばれたあと、キツイパンチ受けて負けるか、

ダラダラ素人のパンチをガードの上にたまに受けてあげたりして怪我しないように終わらせて引き分けになり終わりのパターンでどちらも大して面白く無く終わるパターンのどちらかだと思っていた。

しかし、割と素人さんが面白い動きをして、頑張って持ちこたえたし、亀田興毅も多少受けた上で割と本域パンチでダウンさせてたのが良く、見ていて飽きなかった。

まぁ、当たり前といえば当たり前だが素人が勝てそうな場面は一切無かったけど。

しょぼいと酷評された第一試合のホストやけど、あんなけヒョロガリでただの素人の割には頑張っていたと思う。

ホストがしょぼいって言ってる奴は多いが実際ボクシングやった事の無いど素人で、あのホスト以上に闘える奴は、いかほどいるだろうか?と思う。特にしょぼいとか言ってる奴に限って、もっとしょぼい試合しそうだけど。

第二試合のユーチューバーは若くて身体を鍛えてて、多少ボクシングをかじった経験があったので、なかなかガッツのある良い試合だった。

この2試合だけ見たが挑戦者は割と頑張ってたと思う。

で、この試合で一番面白かったのは、僕は気づかなかったがYouTubeのコメント欄で書かれていて判明した内容が凄い内容だつた。

亀田興毅のヘッドギアの方が頑丈で良いものでグローブも、亀田興毅がチャレンジャーより小さいもので卑怯過ぎるというものであった(笑)

ヘッドギアはそんなに詳しく無い私には、同じ様なものに見えたが、良く知ってる人に言わすと、亀田興毅の方が良いものでガードする性能が良いものらしい。

グローブの方はよく見ると、ボクシンググローブに全く詳しく無い私が見ても明らかにチャンピオンの方が一回りか二回り小さい(笑)

これはシバターというユーチューバーも言ってたが、まぁ亀田興毅が万が一にも倒されたらとんでも無い恥なので、ヘッドギアが良いのは分かるけど(と言っても世界チャンピオンが倒される様な強そうな相手はいなかったように思う)、

チャンピオンが素人相手に素人よりも小さいグローブってのは無さ過ぎで、恥やろう。

いくらエキシビションマッチと言っても、チャンピオン有利にし過ぎで、どんなけ1000万円渡したく無い企画だよ!と皆んな思っていたはずである。

挑戦者が怪我しない様に安全性を考えて、普通はチャンピオンがやや大きめのグローブか、百歩譲っても同じ大きさのグローブってなら分かるけど、亀田興毅のが打ちやすい小さいグローブって……

引き分けは亀田興毅の負けというならまだ分かるけど完全に勝たないと1000万円チャレンジャーに渡るわけでもないのに亀田有利のグローブハンデマッチ。

【カッコ悪過ぎる】やろ元世界チャンピオンとして。

やはり亀田一家は色んな意味で凄いダサい事を平気でやるなぁという印象。企画側の提案としてもプライドがあれば、流石に元世界チャンピオンが小さいグローブは選ばないやろうな。

その後の2試合は、学校の先生と自称暴走族の総長というおっさんらしいけど、その2人も頑張って善戦したらしい。

これってもしや?まさか?素人が頑張ったのもあると思うが、案外亀田興毅が世界チャンピオンのわりにはダメダメで試合が面白くなったのかもと思ってしまった。

ある程度は、遊んであげてもいたが、途中から本気で打ってた気合いの入りようがマジのチャンピオンは面白かった。

が、グローブハンデマッチまでして勝ちたかったのかぁ、ただの素人に

実際安全性を考えて、素人のパンチを受けてあげて引き分けでも、全然チャンピオンは恥では無いと思うのだが、本域で倒しに行ってるチャンピオンにやや苦笑。

しかもグローブ小さくて。

14オンスのグローブでヘッドギアもしてて、逃げ回る相手には素人相手でも倒すのは結構難しいらしいけど(竹原慎二談)、

小さいグローブハンデマッチで本域で倒しにかかる元ボクシング世界チャンピオンって図がカッコ悪過ぎる。

しかも素人は逃げ回る事はせず堂々と挑んでいた。

相手を倒せ無いと恥より、元世界チャンピオンが素人相手に小さいグローブのハンデ付けてもらった上での本域で倒しにかかるボクシングの試合って……

挑戦者の健闘を讃えたいと思います。

現役引退しても、亀田一族には笑わせらせると思いました。

おわり

追伸 キックボクサーでめっちゃ強い【なんたら 天心】という子がチャレンジャーに立候補してたらしいが、流石に負けるとシャレにならないのか、選ばれませんでしたね。