読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古戦場めぐり「会津戦争・大内峠の戦い(福島県下郷町)」

古戦場めぐり「会津戦争・大内峠の戦い(福島県下郷町)」

◎『会津戦争・大内峠の戦い』

慶応4年(1868)4月23日、旧幕府軍が占拠していた宇都宮城(栃木県宇都宮市)が新政府軍の猛攻により落城すると、大きく戦局が新政府軍に傾き旧幕府軍の主力である会津領への侵攻が始まりました。会津西街道(下野街道)と日光街道との結束点である今市宿での戦いは2週間以上にのぼり、5月6日に均衡が破られ街道の入口が新政府軍に制圧されました。藤原の戦いなどで会津軍も度々勝利する場面もありましたが、大きな戦局は変わりませんでした。8月23日白河口の新政府軍は、母成・滝沢峠を突破して若松城下に突入しましたが、若松城を完全に包囲攻撃するためには兵力が不足でした。これを補うには、越後口・日光口両戦線における新政府軍を、一刻も早く若松に到達させる必要がありました。

8月26日、芸州・宇都宮の兵により山王峠が突破され糸沢に進攻しました。8月29日、会津田島に向け進撃を開始しますが、田島に会津勢の姿はなく会津軍の本陣が置かれていた田島陣屋が押えられ無血占領します。8月30日、会津西街道(下野街道)と松川新道から集まった新政府軍は後続の肥前兵を合流し、軍を再編成した上で大内宿への進軍を開始します。会津西街道(下野街道)を北上し、途中、街道の東西の山から会津勢の抵抗を受け倉谷宿・沼山などで激戦となり敗走することもありましたが、後方からの増援により回復し、8月31日に新政府軍が大内宿に入った時には、旧幕府軍会津軍は大内峠まで退きました。この時、戦略的に新政府軍に大内宿を利用されないように、会津勢は宿場を焼き払おうとしましたが、当時の大内宿名主・阿部大五郎が強く嘆願したことにより大内宿の焼き討ちは免れました。

9月1日、肥前藩佐賀県)・芸州藩(広島県)・宇都宮藩(栃木県)・大田原藩(栃木県)の兵を次々に大内峠に投入するものの、会津軍は大内峠を最終防衛線として想定していたため、山頂に胸壁を築いて頑強な抵抗を見せ正面からの敵に応戦します。芸州兵は、左右の山から攻撃を開始します。この時、会津勢の左側から迫った芸州兵に対し、清龍足軽三番隊の隊長・野村悌之助は奮戦しましたが討死しました。これに奮起した会津勢は、芸州兵を撃退しましたが、正面・右方からの激しい攻撃にあって堪らず大内峠を退き、さらに後方の氷玉峠を越え栃沢まで後退しました。双方大きな被害を出し、新政府軍も一端大内宿に退きました。9月2日新政府軍が大内宿から再度出陣し、栃沢で激しい攻防戦が繰り広げられ会津軍は一端関山宿まで後退したものの、再び栃沢を奪還しています。軍監・中村半次郎(薩摩藩士)は、この日より直接指揮をとることになり栃沢攻略にかかります。その間、大内宿には続々と新政府軍の増援が着陣し、苦戦の末に栃沢を占領しました。会津勢は北方3?の関山に退きます。追撃しましたが夕刻となり、氷玉峠まで退いて野営した\xBF

契坼楫海鮓ǂ堂馗点Ľ呂佞燭燭啼並瑤鮴衫里靴燭箸いい泙后\xA39月3日、新政府軍は後続の諸隊を集結し、薩摩藩鹿児島県)・黒羽藩(栃木県)・中津藩(大分県)・今治藩(愛媛県)・人吉藩熊本県)・宇都宮藩・肥前藩が大内宿を出立します。しかし、戦闘は膠着します。9月4日、会津勢は本道上で新政府軍に砲撃され、戸惑う間に新政府軍別動隊が前進しました。さらに薩摩兵が突撃を開始したのを機に、会津勢は関山周辺から退却し体制が決することになりました。大山柏によると、会津勢は退却後の集結を予定に入れず散乱したといいます。会津西街道(下野街道)は完全に新政府軍が掌握し、憂いなく会津城下(会津若松市)に進軍することになりました。

○「田島陣屋跡」(南会津町田島字後原)

会津戦争・大内峠の戦いとは直接関係ないのですが、慶応4年(1868)9月9日、会津軍が大内宿を奪還すると、田島の農民が決起して田島陣屋の新政府軍に攻め入りました。

慈恩寺・官軍戦死19人の墓】

その時討たれた新政府軍兵士の墓が「官軍戦死19人の墓」として、会津田島慈恩寺の本堂裏側にあります。

○「大内峠古戦場」(会津若松市下郷町)

会津若松市南会津郡下郷町の境界にある「大内峠」は、戊辰戦争の古戦場でした。壮烈な攻防戦で、会津兵24名が戦死しました。次の説明があります。

戊辰戦争の際、松川新道と下野街道から進撃してきた西軍は、田島宿で合流し、倉谷宿から攻め入り、沼山での激戦を経て大内宿に入りました。慶応4年(1868)8月31日のことです。すでに大内峠まで撤退を余儀なくされていた会津軍は、越えさせてはならない南側最後の防御線であるため、この尾根伝いに陣を張り、進軍してくる西軍と9月2日から3日間、し烈な戦いを続けました。この戦闘を裏付けるように、大内沼からは大砲弾、茶屋跡からは鉄砲弾が発見されています。この戦いでは両軍ともに多くの犠牲者を出しており、大内峠周辺の街道沿いには、この攻防で亡くなった両軍の墓碑をみることができます。」

【大内峠の茶屋跡】

「一 大内峠見晴宜敷場所、茶屋前々之通、手軽ニ御駕篭立場設け候事 但し治定之所ハ申建置候間、追而可申聞候 一 右御小休場所御設入用之陣桐油、雪菰、手桶、柄杓、茶碗之類御貸渡之儀、申建置候間、追而可申聞候」

これは文政10年(1827)4月、会津八代藩主松平容敬(かたたか)が下野街道を通って江戸から下向する際に、郡奉行から郡中各郷に出された廉書(かどがき)の一部です。南山地方にとって藩主の参勤通行は実に約150年ぶりの出来事で、この資料からも大内峠に茶屋があったことを確認することができます。発掘調査をしたところ茶屋跡からは、当時の建物の遺構や江戸末期から明治初期までの会津本郷焼の陶器片などの遺物が多数出土し、礎石の配置から当初は桁行六間、梁行四間半だったものが、最後には桁行、梁行ともに三間半の建物となっていたことがわかり、大内峠の茶屋は明治の初めまで営まれていたことが判断されました。大内峠を登った大名をはじめ、多くの庶民がこの茶屋で小休止し、一息ついては再び旅の途についていきました。大内峠には、茶屋が復元されています。

【大内峠一里塚】

「大内峠一里塚」は、会津城下・大町札の辻から5里(約20km)の位置にあたります。下野街道の一里塚は、そのほとんどが対で構築されたと考えられますが、現在ではそのほとんどが破壊されて消失したかあるいは片側だけとなっており、大内峠一里塚のように対で現存していることは希なことです。会津若松から江戸までは約61里(約252km)、会津藩主はこの区間を5泊6日の旅程で参府していますが、藩主の参勤通行はもとより、物資輸送のためにこの街道を幾度となく往還した人たちにとっても一里塚は大きな目安となりました。

○「大内宿山本屋蕎麦店の刀傷」(下郷町大内山本15)

大内峠古戦場や旧大内沼(現在の大内ダム)周辺からは、大砲弾や鉄砲弾などが数多く発見されています。山本屋蕎麦店の家屋は店舗となっており、家を本通から見て、家の左側雨戸内側の廊下と畳部屋を仕切る廊下柱に刀傷があります。形状は、畳上60?位のところに段々の打込み傷が見られ、打込み場所は大きく抉られています。また、山本屋蕎麦店が所在する会津西街道は、宇都宮城の二荒山の戦いで負傷した新撰組土方歳三隊士10名位が、会津を目指した時に利用し、ここ大内宿にも宿泊した事実があります。

【戦士24人の墓】(下郷町大内薬水)

県道131号沿いで大内ダム東側の途中に、明治41年建立の「戦士24人の墓」があります。小さい標識が目印です。山を上ると、行き止まりの駐車場に至ります。脇の平場のうっそうとした草むらの奥にあります。会津藩士は小出勝之助だけで、他の23人は新政府軍の宇都宮藩兵です。高い標柱が合祀の「戦死24人の墓」ですが、小出勝之助の単独の墓として、脇に小さな墓もあります。大内ダムができる前は、沼に面した山の中腹に眠っていました。戊辰戦争での会津藩の戦死者の遺体は放置されたままであり、埋葬も許されない状態が続きました。会津の方々はそんな恨みは消して、たくさんの場所で新政府軍の戦死者も葬っています。ここもその一つです。次の説明があります。

「慶応戊辰年 (1868) 9月1日より翌未明に亙り日光口守備隊長山川大蔵は、大内峠に據り西軍佐賀・宇都宮・大田原の各藩の兵を迎撃す。この戦斗で宇都宮藩大沢富三郎以下24名の戦死者の霊を供養せんと地元有志にて茲に墓碑を建立せり。戦死24人の墓は、大内ダム建設に際して当地に移転安置された。この墓碑は、これを後世に伝えるため建立したものである。」

正法寺・笹沼金吾の墓】(下郷町大内山本51)

大内宿の突き当たりの小高い山の斜面に、「正法寺子安観音堂」があり、墓地に「笹沼金吾の墓」があります。笹沼金吾は金兵衛の弟。砲兵隊頭取。慶応4年(1868)8月29〜30日、大内宿に迫った新政府軍に対し奇襲をかけた後、大内峠に後退し迎撃体制をとりました。野村悌之助など40名が、戦死するほどの激戦でした。その中で、笹沼金吾は近くの水車小屋に潜み、西軍を待ち伏せました。新政府軍が通り過ぎるのを待って、後方から敵兵12人を斬り伏せ、壮絶な最期を遂げました。遺体は逆さ吊りにされ、村外れに晒されました。享年35歳。

○「会津戦役7士の墓」(会津美里町氷玉字大貝場)

大内峠、栃沢で戦死した土佐藩7名の墓であるといいます。しかし、被葬者等は不明です。

【源右衛門の墓】(会津美里町氷玉栃沢下)

宇都宮藩士、源左衛門とも。軍夫、立伏村の農。明治元年9月2日会津関山村で戦死。45歳。

【関山宿・会津藩士40人の墓】(会津美里町氷玉関山)

会津盆地南端に、関山宿があります。戊辰戦争の際には、南隣の栃沢集落と共に激しい攻防戦の舞台となりました。その兵火によって栃沢と関山の集落は焼失、野村悌之助をはじめとする会津藩士40名が戦死しました。今もその激戦を物語るように、関山宿南外れの旧道沿い大内氷山峠には、その「戦死者40名の墓」が残されています。