旅行記11

旅行3日目。

この日は夕方にバスツアーを入れているだけだから、朝はゆっくりめの起床。

嫁さんが化粧やら何やらやっている間、1人でホテル周辺を散策。

拠点となるホテルの裏道さえまだ通っていなかったし、把握しておきたい道もあって。

昼間の道路は、車やバイクでごった返しているが、早朝はすごく空いていて、また気候もさわやかで、快適この上ない散歩だった。

朝食を終え(やはり若干食べすぎ気味?)、今度は2人で龍山寺を目指して散策。

その道中、まず訪れたのは、228和平公園と総統府。

総統府では内部見物の受付のため、10人ほどが並んでいた。

僕らも並ぼうとしたが、何やら係員からチェックを受けて用紙を見せている。

おそらく事前予約のようなものなのだろう。

ということで、僕らはその列をそそくさと離れて、再度散策に戻った。

それにしても、総統府の建物は立派だったなぁ。

その後、西門駅を経由して、龍山寺駅までブラブラと。

旅行中、このゾーンの散策が一番楽しかった。

何とも言えない異国の独特な下町の風情を感じられた。

(その途中にあった、市場の写真を添付。)

龍山寺にだいぶ近づいた辺りで、いかにも風俗嬢と見られる怪しげなケバケバしい女性が立っていた。

そのそばのお店を覗いてみると、朝っぱらから5,6人の女性がミニスカートなど男性を挑発するような格好で待機(?)していた。

表向きは風俗店ではなく別の店のようだが…。

そういうのを見られたのも楽しかった。

(残念ながら、さすがにそこの写真を撮る勇気はなかった。)

広告を非表示にする