『自分の中に孤独を抱け』

岡本太郎・著 青春出版社

東京画廊の山本

豊津さんが、こんなことをおっしゃっていました。

「価値とは長く継続することで、価格とは時間で価値を切ること」

アートを前提にお話されたのだと思いますが、この言葉にはロング

セラーとベストセラーの違いが込められている気がしました。

われわれの多くは、「価格」に注目しすぎるあまり、短期間しか

「価値」が継続しない「まがい物」を掴まされてしまう。

作り手としても、「価格」(今の評価)に注目しすぎると、長く売

れるものが作れない、ということです。

では、価値あるもの、長く続くものを作るにはどうしたらいいのか。

人間は、孤独になればなるほど人間全体の運命を考えるし、人間

の運命を考えた途端に孤独になる

憎まれて結構、好かれて結構。そもそも、好かれるより悪口を言

われたほうが世の中は動くんだよ

生まれてきた、自分が生きているこの社会のなかでノーを突きつ

けること

信念のためには、たとえ敗れるとわかっていてもあえて行う、己

れをつらぬくという精神の高貴さがなくて、なにが人間か

そう、長く価値あるものを作ろうと思うなら、おもねるのではなく、

闘わなければいけないのです。

人間は、孤独になればなるほど人間全体の運命を考えるし、人間の

運命を考えた途端に孤独になる。だから人間一人ひとりが孤独でな

ければいけない。それが人間の矛盾律

孤独とは、しょんぼりしたり、がっかりしたり、自分の身を引くこ

とじゃない。“ぜんぶ”の上に覆いかぶさり、みんなの運命、全人類

の運命を背負い込む。それがほんとうの孤独だ。世界即己れ。そう

考えて、人間全体の運命を背負い込もうと決意する。それが十余年

のパリ生活の終わりにぼくが到達した結論だ

ふりかかってくる災いは、あたかも恋人を抱き入れるように受け入

れる。それが人間のノーブレス(高貴さ)だ。逃げない。はればれ

と立ちむかう。それがぼくのモットー

たまたま岡本太郎という人間がそこに居るから、それをうまく使い

こなして、この世界で思いきり遊んでやろうと思ったんだ

未熟を決意するのは、すばらしいことなんだよ。空を翔ぶ鳥を見て、

自分は鳥のように自由に空を翔べないと思う。花盛りの樹を見ても、

自分はあの花のようにはまだひらいていないと思う。そこから新た

なファイトがわき起こってくる

未知に賭けることをやめた途端、青春は失われる

自分の立場や信念を純粋につらぬきとおし、独自の仕事を創造的に

進めていこうとすれば、とうぜん大きな無理解にぶつかる。右から

叩かれ、左からこづかれ、うしろから突きとばされる。多くの作家

はそういう抵抗に耐えかねて、無難な仕事のほうに逃げてしまう。

だれにも肌ざわりがいいように、手ぎわよく作品をまとめ、ひたす

らまるく──。そういう作品は本質的な矛盾をはらんでいないから、

退屈でやりきれない

極端な言い方をしよう。褒められるどころか、むしろ逆に向こうが

ヘコタレ、困惑するような現代日本を突きつけ、押し出すべきだ。

もしわれわれにそういうヴァイタリティが無いなら、文化も芸術も

へったくれもない

政治──経済──芸術

この三つがこれからの社会に必要な三権分立であり、人間存在、人

間社会における三権分立

けっきょく人間は、自分の生命から溢れ出る本然のよろこびがなけ

れば満足できないんだよ