回文

「メッセージ」を見てきた。

例のばかうけコラージュ映画であります。

自分は戦争が大嫌いで、本当に心から世界平和が訪れて欲しいと、

切に願っている人間なので、こういう作品がこれからも

どんどん作られて欲しいと思います。

ここからネタバレ。

原作者が中国人で、さらに中国資本が入っているので

後半はシャン上将(中国防軍)と

主人公ルイーズのコンタクトがポイントなんだけど、

あるパーティでシャン上将とルイーズのシーンが感動的だ。

この映画は時間軸が一定ではないので、

どうしてそういうセリフになるのか理解できない部分が

多々あるのだが、それがすべて解決する名シーンだ。

町山さんの解説で完全にネタバレしてたわけではないけれど、

見終わって考えるとすべてが償却できた。

回文がエイリアンの言語と共通していること。

つまり玉子が先か、ニワトリが先か。ということ。

時間は流れているのではないということ。

地球人同士でいがみ合ってたら未来なんて訪れないということ。

ウインウインじゃなくて・・・… なんだっけ?

とりあえず、ラストのどんでん返しはなかなか素晴らしかったです。

広告を非表示にする