徳川美術館 江戸の生きもの図鑑 −みつめる科学の眼−

昨日、徳川美術館行ってコレ観てきました。

http://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2017/0602/

ワクワクできる展示会です。

「あの鳥の名前が知りたい」

「花の構造を知り尽くしたい」

「自然物の色と形を記録しておきたい」

という想いが伝わってきます。

先人の気持ちが身近に感じられて、心が熱くなりました。

この展示会の広告デザインがセンス良くて好き。

ハッとするような美しさです。

受付入ったエントランスにあった葵の鉢植えです。

徳川美術館」と今回の展示会のコンセプトとを結びつける役割を担ってて素晴らしい。