岡山白桃

<BR><BR>戸田さんの作った有機栽培の白桃を是非食べてください。

岡山白桃は予約制です

目次1岡山白桃の歴史

2岡山の地域特性

3岡山白桃の栽培方法

4岡山白桃の種類

5戸田さんの白桃が美味しい秘密

6戸田さんの白桃の味わい

7桃と桃太郎の話

1岡山白桃の歴史

岡山の桃づくりは、明治8年がスタートしました。中国から移植された上海水密や天津水密の栽培が始まり、だんだんに盛んになっていきました。

岡山の温暖な気候に恵まれた人は、熱心に品種の改良に取り込み、今では30品種以上の桃が作りだされてきました。

現在一番生産者に人気のあり、栽培されている品種は白桃です。白桃は上海水密から改良された品種で明治34年に品種登録がされました。

白桃の特徴は、果肉の白さときめの細かい果肉にあります。甘い果肉と口当たりの良さが評判になり、岡山の名産品として全国で有名になりました。

2岡山の地域特性

岡山市北区御津は、一級河川の旭川中流域に当たり綺麗な水が豊富な地域です。

瀬戸内海性気候で温暖な地域で桃の栽培に適した岡山でも有名な岡山白桃の生産地です。

旭川は、中国山地の毛無山や蒜山を源流とする一級河川です。旭川の上流は、清流の中にしか生息しないにオオサンショウウオの生息地として知られています。

昼と夜の寒暖差が大きい地域なので、桃の甘さが一段と甘くなるのに役立っています。理想的な桃の栽培地です。

また、岡山県で検出される放射線量は通常自然界で計測されるレベルです。

3岡山白桃の栽培方法

白桃の特徴は、白桃の名前が示す果肉の白さです。

果肉の白さの秘密は、手間暇かけた栽培方法にあります。5月、青い実がピンポン玉くらいの大きさになったら、手作業で実を大きくするための摘果作業を行うとともに、青い実に紙袋を被せる作業を行います。袋掛け作業はたいへん人手のかかる作業ですが、青い実に袋を被せる理由の一つは害虫防除のためと桃自体の傷の発生を防ぐためです。

もう一つの理由は、袋を被せることで太陽の直射日光を遮断することです。直射日光を遮断することで、桃の果肉が赤く色づかないで、透き通る白さのきめ細かな口当たりのなめらかな桃が出来上がるのです。

市場に出荷するときは、1個ずつ糖度を正確に測定し、一定以上の糖度を有する白桃のみを出荷しています。

検査は、光センサーを利用した糖度測定器を用いて実施していますから、白桃にふれることなく糖度が測定でき、果実を傷つけることはありません。桃は非常に傷みやすい果物ですから、こんなところにも十分な注意が払われています。

4岡山白桃の種類

白桃の種類は、代表的なものとして日川白桃、加納岩白桃、白鳳、清水白桃、おかやま夢白桃、川中島白桃、白麗の7種類があります。

果実が熟すのは、6月下旬の日川白鳳から始まり、順番に加納岩白桃、白鳳、清水白桃、おかやま夢白桃、川中島白桃、白麗と8月中旬まで続きます。

それぞれ特徴があります。

日川白鳳は、一番最初に出荷される岡山の白桃の早生桃の一つです。その年の一番初めに味わえる白桃です。加納岩白桃は、甘みの強い果汁タップリな早生桃です。果肉がやわらかく口当たりが心地よい甘みタップリの味わいの桃です。

白鳳は、酸味がほとんどなく、甘い果汁タップリの乳白色のやわらかい食感がある人気品種です。清水白桃清水白桃は、岡山市一宮清水で誕生した品種で、上品な白さ、甘く匂う香り、強い甘みがあり、やわらかくとろける口当たりが人気です。

おかやま夢白桃は、特に大玉で高い糖度のある岡山産の品種です。大玉で糖度が高いので生産が拡大しています。川中島白桃は、大玉で糖度が高い果汁タップリの晩生桃です。果肉はしっかりし食べごたえのある人気品種です。白麗は、岡山白桃では一番最後に出荷されます。タップリな甘みと果汁タップリのやわらかい品質で、人気があります。黄金桃は、白桃の出荷が終わった後、9月から出荷が始まります。名前のとおり鮮やかに黄金色が特徴の果実が大きい美味しい品種です。

5戸田さんの白桃が美味しい秘密

戸田さんの白桃が美味しい秘密は、一番に土壌作りがあります。落ち葉や刈草を集め、土と一緒に混ぜ合わせます。時天地替えしながら一年もすると、ミミズや微生物の働きにより枯れ葉などの有機物が完全に分解され養分豊かな土壌になります。こうしてできた土壌はふわふわとなり土の中まで酸素が十分にいきわたりますので、植物の生育が順調に進みます。この豊かな土壌が白桃の甘みの元となっているのです。

落ち葉や刈草を集める作業は、たいへん手間がかかるために、落ち葉や刈草を使って土壌づくりをする生産者は極めて少ないのです。

先祖代受け継がれてきた土壌作りが、岡山白桃の旨味を生み出してきたのです。

第二に秘密は、手間を惜しまない手作業にあります。

美味しい白桃を作るためには、剪定、適蕾、適果の作業が欠かせない作業です。

春になるとが樹木一面にピンクの花で満開になり、夏に甘い実をたくさんつけます。自然に繁るままにすると幹に日当たりが悪くなり樹木自体が弱ることがあります。

甘くて大きな果実を収穫するためには、枝が混み合わないように樹木の形を整え、成熟した幹に日光が当たるように、通風が良くなるようにする剪定作業が欠かせません。剪定の最適時期は、冬期の一番寒い12月から2月までの樹木休眠期間です。

枝に蕾が付いたら樹木を弱らせないように適蕾も必要です。青い実がついたら大きく育てる果実を決めて、それ以外の実を摘み取る適果作業を行います。この作業によって、残った果実に十分な養分がいきわたり、甘くて美味しい大きな実を収穫できるのです。適切な果実を実らすことで、根や株への負担を減らすことができ、翌年の収穫が少なくなることを防ぎます。

適果作業が終わったら、次は残した果実に袋を架けます。1個ずつ袋を被せていく作業ですから手間と時間がかかります。猫の手も借りたいほどの作業量です。

美味しい白桃を収穫するには、このように寒い時期でも外での作業がかかせません。

戸田さんは、一年と通じて手間のかかる作業に惜しみなく労力をつぎ込まれるので、美味しい白桃が結実するのです。

美味しい白桃は、長い間の労働の結晶なのです。

6戸田さんが作る白桃の味わい

戸田さんが有機栽培農法で作る白桃は、たいへん甘くて美味しいジューシーな味わいです。

その味わいを求めて、戸田さんの農園には、都内の有名なフルーツショップを始め、地元岡山県倉敷市の玉島の白桃農家も買い求めて毎年訪れています。

小泉純一郎さんも毎年、戸田さんの栽培された岡山白桃を召し上がっています。

7桃と桃太郎のお話

桃は、昔は数の少ない果物でした。咲いた紅色の花の花が美しく、赤く色付いた果実は芳醇な匂いと甘みがあるので、不老不死の霊薬としても重宝され、桃の花が咲く里は仙人が住む桃源郷ともいわれてきました。桃を代表する日本の昔話の一つに、桃太郎があります。桃から生まれた桃太郎が成長してから、犬、猿、雉を伴って鬼島に行き、鬼退治をする話です。犬、猿、雉を伴うとき黍団子をあげると約束します。

桃太郎ゆかりの地は、日本の各地にありますが、岡山県もその一つの場所です。

岡山県では江戸時代から吉備団子が作られてきました。黍団子と吉備団子は同音ですので、ゆかりの地のいわれです。

旭川の一つ西側を流れる二級河川の笹瀬川は、昔話桃太郎の桃が流れてきた川としてモデルになった川です。

美味しい白桃の便りを岡山からお届け!

戸田市治さんは、岡山県岡山市北区御津で岡山名産の白桃を栽培しています。

戸田さんが生産する白桃は甘くて美味しいと評判でたいへん人気があります。

白桃生産者の間では白桃作りの名人として特に有名で、岡山県内や県外からその評判を聞いた白桃農家の人達が美味しく作る栽培方法の秘密について、教えて欲しいと訪れます。

戸田さんは、77歳の御年ですが、現在も現役、毎日栽培地を見回り、土壌や桃の木の剪定など余念がありません。

岡山の白桃の歴史や特徴、栽培方法について説明するとともに、戸田さの白桃がなぜ美味しいのかその秘密をご紹介します。

<BR><BR>岡山白桃<BR><BR><BR><BR><BR>岡山白桃<BR>ダニエル太郎や土居美咲が敗退ウィンブルドン1回戦<BR><BR><BR><BR><BR>それと比して、ホワイトカラー的職業はどんどん人余りになっていっているという実感があります。人手不足と言われながら、あまり求人情報が上がってきません。さもありなんで、やはり人気の職種はホワイトカラーの頭脳労働事務労働に集中しますし、かつ、自動化や機械化と相性がいいのもそれらの仕事

当社の事務系総合職を募集しています。一緒に事業を盛り上げてくれる人からの応募をお待ちしております!うちの会社はいい人ばかりですよJP-事務系総合職(総務労務広報経理)業界経験不問賞与特別ボーナスの転職求人情報-女の転職typewomantypejp/job-offer/34244

にしていくそんなライフスタイル、すてきですね。森ノオトはほんとに人がすてき!キラキラと、前向きないい気の流れをいつも感じます。ご興味ある方、ぜひ求人情報NPO法人森ノオトで働きませんか?森ノオトmorinootojp/2017/07/01/kyuj

広告を非表示にする