能力評価という嘘、罠、に注意してください

■連合会長、首相に「残業代ゼロ」修正要求

(朝日新聞デジタル - 07月13日 19:11)

日本の労働環境の特殊性を忘れないでください

【自由の無い日本の労働者を、これ以上虐待しないでください】

【日本の労働者はストライキも出来ず自由も無く自らを守れないのです】

日本は太平洋戦争でアメリカに無条件降伏した状態が今も続いています

太平洋戦争の終戦時にGHQは日本に特別な措置をしました

大きく2点あります

(1)世界に例の無い【企業別労働組合

ストライキの無い国、日本に自由はありません

憲法で保障された【労働団結権】によって始めて労働者は経営者や国家と対等になれます

人事考課システムが時代に合わせて変えないので学歴インフレで部下や人事権の無い名ばかり管理職が急増しています

結果的に【連合】など労働団体は、働く者の味方では無く、経営者の代表です

民主党政権が誕生したのも、連合と医師会が支持したからです

政府与党と密着した医師会が連合と一緒に指示することからも解るでしょう

アメリカの当初の目的は、共産化を恐れてでしたが

御用組合がリストラをする、第2勤労課と言われる状況になっています

これらは、大企業に正規雇用できた人たちへの圧力です

大部分が、非正規雇用や、社会保険もない零細企業で時間外という概念も無い世界に居る事も忘れないでください

労働環境を守れるのは、労働組合の有る企業の正社員だけだという事にご注目ください

日本社会では【能力評価】は出来ません

能力評価という嘘、罠、に注意してください

労働者の皆さん

社長が廊下のゴミを見つけて、貴方が『捨てといて』と言われたら

貴方は断れますか?

欧米社会では、断ります

当然の事です

労働契約で私の職務に有りません。と言います

日本人は言えない、だから能力を評価したら

太鼓持ち、ゴマすりが高評価を受けます

そのような日本の労働環境では【能力評価】や

【総合職】【ホワイトカラー】は意味が有りません

入社10年もすれば管理職になり細やかな支え【労働組合】も無くなります

このような国は、日本だけです

私はソフトウェア等IT従事者を、昔から【知的土方】と言っています

スコップで、来る日も来る日も、単純な土砂を運んでいるだけです

創造性も特別な知能も必要ありません

(2)カトリック教会を使ってキリスト教を殺した事です

今はご説明が長くなり、難しいので、要点だけ書きます

詳細を私の【OFFICE-21】に近日中に書きますので、どうぞご覧ください

http://page.SNS.jp/view_page.pl?page_id=33249&from=home_members_list

【要点は】

文明社会に自由があるのは、キリスト教がベースにあるからなのです

ユダヤ教イスラム教もキリスト教と大部分が共通しています)

神と人間が一対一の対等な契約

新約聖書=新しい約束=契約

旧約聖書=それ以前の約束=契約

社会は契約で成り立っています

人間は神と共に平等です

日本は憲法もデタラメ、法律も滅茶苦茶、契約も形式だけ

なのは、契約に基づく自由という概念が無いからです

アメリカは、日本にキリスト教が普及したら【IDENTITY】を持った人間が増えますから、恐れたのです

アメリカは、骨抜きにした日本に身勝手な事を言っているのです

============================================================

【記事は消えるので、転記させていただきます】

連合会長、首相に「残業代ゼロ」修正要求

2017年07月13日 19:11 朝日新聞デジタル