前川さんが雑だった事への雑感

前川喜平氏「呼び出された時刻」が答弁のたび変遷 25日午前の答弁は…

http://www.sankei.com/politics/news/170725/plt1707250022-n1.html

準備する時間は十分だったはずなのに、ずいぶんと雑だったなと。「どうせ『報道しない自由』で守ってもらえる」と、適当に準備したということなのか。「そんなに厳しい追求にならない」と思っていたということなのか。

獣医師会関係者出席せず=衆院予算委

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072400371&g=pol

実際、土壇場になっての獣医師会の欠席で、前川さんにばかり砲火が集中してしまったアンラッキーはあるのだけれども、こんな大一番で マトモに準備してこないというのは、どうなんだろうかと。

前川喜平さん、過去の議事録が発見 教育WGで委員に罵倒される

http://www.honmotakeshi.com/archives/51758414.html

前川さんは 現役官僚時代から、カッチリとデータを挙げて反論するのではなく、とぼけて その場をやり過ごすスタイルだったみたいなので、今回もそのつもりだったのかもしれない。

もちろん、どんなやり方であれ それで省益が守れるのなら、それは優秀な官僚ということになるのだけれども、前川さんの場合、国立競技場も獣医学部認可も、とぼけているうちに政府にやられしまっているわけで、ちっとも省益を守れてないだろうと。

で、「現役時代にさんざん失敗してるのに 前川さんも懲りない人だな」とか思ったのだけれども、今回は「報道しない自由」でどうにかなったのだから、結果オーライという事でいいのだろう。