自分の道

バシャールの教え

(自分の道)

占星術や占い、タロットやお札やパワーストーンなど、そのどれもが自分に出す許可証である事を知ってくださいと、バシャールは話しています。

物質的な許可証のほかに、信仰や儀式もまた自分たちに出す許可証であって、心の底から信じる事で効果を発揮してゆくのです。

その際、超越した目に見えない何かに託していると錯覚しがちですが、実際には、高質な波動を招き入れる下準備をしているのです。

つまり、波動を受け取るパイプラインを、自分自身に新しく設置する事が、すなわち自分に許可証を出す事を意味しているのです。

最終的には、自分自身が許可証そのものになる事が狙いですが、まだそこまで自分を認める事が出来ないのが現状です。

良いアイデアが舞い込んできたとしても、私には無理だとか、まだ時期ではないなど、自分を疑ってかかる癖が抜け切れません。

自分の箱から飛び出すチャンスが目の前にあるのに、何かと後回しにしてしまいがちです。

箱から飛び出すチャンスが到来する時、貴方の心に潜むネガティブな信念は、あらゆる手段を使って様な疑いを投げかけてきます。

その引っ張られる波動に耳を貸すか貸さないかが、箱の外へ出るか出れないかの瀬戸際となるのですが、その際、心に潜むネガティブな想いを冷静に分析する事が肝心であると、バシャールは話しています。

貴方が一番恐ろしいと考える事は一体何なのか、何を恐れ、何を怖がっているのか。

そして、なぜその波動を手放す事ができないのか。

アメリカの大統領選を境に、私達はポジティブとネガティブの分岐点へ降り立っている事を知ってくださいと、バシャールは話しています。

今までのような自分ではなく、これからの自分を表現してゆく時代に移り変っています。

自分が本当にしたい事は何なのか。

自分の望みを真剣に考え、貴方以外の人が引いた線路を歩くのではなく、自分の道をしっかりと歩んでゆく時代なのです。

さぁ、自分の道をしっかりと歩んでゆきましょう!