教育困難校の現実教育無償化よりも先に

教育困難校の現実

教育無償化よりも先に、解決しなければならない問題がある。

定員割れしていて、学力選抜できていないFランク大学では、小学校並みの授業が行われ、しかも、寝ている者が多い。4年間、学生がほとんど何も学ばないまま、形骸化した学士を量産して世に送り出しているのが現実だ。